大濠花火大会

大濠公園の花火大会、駐車場や駐輪場、有料観覧席、交通規制などの穴場情報
大濠公園花火大会

大濠公園花火大会
2017年は8月1日(火)

花火大会に関する最新情報は、西日本新聞社でご確認ください。

ゴミは、各所に設置されているゴミエリアに

2017年の大濠公園の花火大会は、8月1日(火)20時から開催されます。
花火の数は6000発です。
平和台陸上競技場には花火大会観覧席(大人1200円、小中校生600円)が設けられます。芝生に座ってゆっくりと花火が堪能できますよ。


大濠公園花火大会

正式には、「西日本大濠花火大会」
毎年8月1日に行われる、福岡市民の夏のイベントです。

花火大会基本情報

毎年8月1日 20:00〜21:30
悪天の場合は、翌2日に順延となります。
打ち上げ数 約6000発

交通機関

・福岡市営地下鉄大濠公園駅
ただし、花火開始直前、直後はかなり混雑します。 特に、帰りの場合は、天神までならと歩いていくほうが良いでしょう。
・駐車場は大濠公園周辺のコインパーキングをご利用ください。 ただし、周辺道路もかなり混雑しますから、時間には充分に余裕を持ってお出かけください。

花火見物の有料席

少し離れていますが、充分に花火が見られます。
ゆったりと見物するならば利用されてもいいでしょう。
大濠公園花火大会 有料席平和台陸上競技場(自由席)
 1000円(大人)
 500円(小人)
舞鶴公園西広場
 グループシート4人1画8000円
 ペアシート2人1画4000円
一般発売は7月上旬から、ファミリーマートでも販売しています。


大濠公園花火大会見物の賢い見物のしかた

場所取り

大濠公園花火大会 場所取り 場所取りは当日しか出来ません。
7月31日の夜中24時になると、場所取りされているシートやテープは剥がされます。
ですので、31日の夜中の24時の時点で、その場所にいるか、または8月1日の早朝から場所取りをする必要があります。

また、シートなどは、ガムテープやペグなどは使用できません。砂を入れたビニール袋の重しや、水が入ったペットボトル等で、シートを押さえてください。

暑さ対策

公園の東側に陣取ると、西日がかなり当たります。早くから集まる場合は、日傘などが必須です。 また、コンクリートの上は熱くなっていますので、芝生の上が比較的過ごしやすいでしょう。

花火大会見学のベストポジション

花火の打ち上げ場所は、中之島の3ヶ所(北、中央、南)に分かれています。
仕掛け花火は、その間に散らばっています。
大濠公園花火大会 打ち上げ場所 Aの場所から見ると、花火全体が見えますが、視界が広く左右にバラけていますので、3箇所を見渡す感じになり、あっち見てこっち見てという感じになります。
一方、Bの場所からだと、花火が1つの線上に見ることができ、花火が重なって壮大な感じで観ることができます。
当日の風向きで煙の方向が決まります。風下は煙で花火が見難くなります。それを考慮に入れて席を取るといいでしょう。
A地点から見るか、B地点から見るか・・・ それは皆様のお好みしだいですね。

花火大会見学の穴場

花火大会見学の穴場は、やはりお堀端の周囲に設置してあるベンチでしょう。かなり早めに場所取りをする必要があります。
また、遠くからでも良ければ「福岡城址」は、福岡市内の夜景をバックにした花火を楽しむことができます。

花火大会見学のゴミ

花火見学には露店も多く出ています。露店を利用されると、コップやパック、割り箸などのゴミがでますが、所定のゴミ捨て場に捨ててください。 会場内のところどころに設置してあるので、そこまで持参して分別処理をお願いします。
綺麗な花火を見た後に、汚くゴミが散らかった路上を見るのは、忍びませんので・・・
ご協力お願いします。


大濠公園花火大会 フィナーレの動画(約5分)



いやぁ、すごい迫力です!
ぜひ、ご覧ください。



新着記事

周辺の様子を動画で紹介


大濠公園花火大会に戻る
Copyright(C) 2008-2016 大濠公園 花火大会ガイド All Rights Reserved.